一丁目薬局 店内.jpg

2014年09月05日

「お冷」は日本だけ


640x640_rect_29648522.jpg


中国の女性の方が婦人科系のご相談に来られました。


日本語がなかなかお上手で感心しました。


お薬の話もちろん、その前に養生が大切という事で


食べ物の話や日本の気候に対する養生法を話していたのですが


日本の習慣というのは難しいようでお風呂にゆっくり浸かることが大変だな〜と言っていました。


異国に長く住むとなると体もリズムが狂うし、特に女性の生理は大きく関与しますよね。


水分の摂り方を色々聞いていたら、


その方が日本に来てビックリしたことがあったというのです。


何かというと飲食店に入ると「氷水」(お冷)を出すこと! だったそうです。


氷が入った冷たい水をよく平気で飲む日本人は胃が丈夫!体も元氣だからスゴイと思ったそうです。(笑)


氷水は胃には良くないだろうし、お腹壊しそうだと思ったのに・・・


今では慣れてしまって冷たい水は美味しく感じるそうです。(笑)


「それはいけないよね〜」っと思わず一緒に笑ってしまいましたが


笑い話みたいになってますが、でも良く考えたらすごい飲み物ですよね。


冷えがある方にとってはたとえ喉が渇いていても危険な飲み物になりますね。


「お冷」という習慣が何故日本に根付いたのかわかりませんが


私も「お冷」が当たり前になっていて全然気になりませんでした。


確かアイスコーヒー冷たい烏龍茶も日本人が作ったとか聞いたけど?違うかな??


コーヒーもウーロン茶も種類はあるだろうけど性質上は冷やすもの。それをアイスでとなると


「冷えのある方は」氷水よりも危険ですね。。。(その前に飲めないか飲まないと思いますけど)


習慣というものは恐ろしいですね。


面白い話を聞かせて頂き勉強になりました。



ラベル:お冷
posted by 福岡市 中央区 一丁目薬局 at 10:15| 症状 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする