一丁目薬局 店内.jpg

2014年09月06日

添加物の神様



当店はご存知薬局なのですが添加物たっぷりであろうお菓子を置いてあります。


会社で働いてある方の要望から始まったのですが、結構な種類です。


添加物の中でうま味エキスと称される『タンパク加水分解物』ってのがくせ者なんですが。
マニアックな話は置いといて


私個人的にはお酒、たばこ、嗜好品などは確かに過ぎればよくないけれど、
それらに負けない内臓をしっかり作っていくことの方が大切であると思っています。
なので製品自体を否定はしません。


世界の長寿の方を見ても酒もタバコも飲んでいる方は結構いましたもんね(笑)専門家に言わせれば飲まなければもっと長生きしていたんだとか…。


でもみんな長生きする為に生きているわけではないですよね。
長寿の方にお会いして聞いたわけではないですが、毎日『元気』でいたい!それが一番だと思います。


でももしかしたら自分の体は結構がんばって無理しているかも…と思ったら体に対しての思いやりは必要だとは思います。

体は文句も言わず体を只々生かそうとしていますからね。


自分の意思とは関係なく只々ひたすらです。


お蔭で幸いにも元氣で過ごせています。とても有難いことです。


添加物の話になりますが
日本人は添加物のうま味に慣れてしまっているとある専門家の方が言っておりました。


和食も世界遺産になりましたので食文化を文明に押されないように守らないといけません。


添加物の知識を知って頂くにはこの本をどうぞ『食品の裏側』


IMG_3544.JPG


添加物の神様と言われる安部 司さんが書いた本です。


日本人は平均で一生のうちどのくらいの量の添加物を取るか知っていますか?


@5キロ(米ぐらい)A60キロ(成人男性ぐらい)B200キロ(元大関 小錦ぐらい)


答えは次回で。タンパク加水分解物がなんなのかも載せますね。


5キロも200キロも凄い量ですが
それをすべて体が解毒・代謝しているとは内臓も大変です。


早い・安い・便利の代償がどれほどのものか 少し考えないといけませんね。


文章が長くなりました…
終わります
posted by 福岡市 中央区 一丁目薬局 at 15:46| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする