一丁目薬局 店内.jpg

2019年04月23日

逆流性食道炎 漢方生薬のいい薬


逆流性食道炎でお困りの方

この度

逆流性食道炎に対して

近畿地方発明表彰を受賞した

漢方生薬のお薬を取り扱い始めました。

天然生薬を活かした副作用リスクの少ない処方です

胆石持ちの方

胆のうを取った方

脂物が苦手になった方

そんな方にも

是非試していただきたい薬です。

IMG_5523.jpeg






posted by 福岡市 中央区 一丁目薬局 at 11:00| 症状 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

足がムズムズ 漢方薬


足がムズムズするお客様がいらっしゃいました。

昔はしっかりした病名なんてなくてムズムズ症候群なんて言っていたと思います。

今はレストレスレッグ症候群なんてハイカラな名前。

色んなムズムズがあると聞きますが

私が思う足のムズムズ病は


夜など横になっている時、または安静にしているときに起こりやすい。

足が気になる、動かしたくなる。しまいには足を振ったり、立ってアキレスけんを伸ばしたりする。

昼間など動いているときには気にならない(足の疲労感はあるかも)


です。

不思議ですね。日中にあまり症状が起こらない。動かしたら楽なんです。

動かしたくなるんですから、骨や筋肉などに障害はないはずです。

ストレスかといわれると、ストレスが酷い時に悪化すればストレスが原因かもしれませんが…そうでもなさそうです。

若い方もなるので、年のせいでもなさそうです。

これといって足を画像診断機器で調べても異常はないと言われたなんて聞きます。

西洋医学では原因の説明が難しそうですね。

IMG_5592.jpg

ご相談くださいませ。

posted by 福岡市 中央区 一丁目薬局 at 19:50| 症状 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

髪、爪、肌にいい漢方薬


髪の毛に艶がない、パサつく、白髪が増える

爪に縦ジワがはいる、爪が割れやすい肌が乾燥する。敏感肌。

などのトラブルありませんか?漢方の考え方には『血余』(けつよ)といっ
て髪や爪は血の余りがあってはじめて充実するという考え方があります。

『血が余る』ということはどういうことか。
それは体が血液を輸送する場所に優先順位をつけているということです。

解り易く言うと『血』は体にとっていわば生きる為に絶対欠かせないもの。
もし体に対して十分な『血液量と質』がない場合に体はどんな判断をするか。
生きる為に重要な場所(臓器等)に優先的に血液を送るはずです。

体は生きるということに関しては一切の無駄はありません。
私のように楽しいからといって体調不良でも飲み会に行くという欲求の為の危ない行為はしません(笑)。

体は何があろうと生命第一で動きます。
では体にとって爪や髪の毛はどんな場所でしょう?
爪や髪の毛は生命維持に欠かせない所でしょうか?

生命維持に最もかかわりのない場所は一番劣後、後まわしされるはずです。
生きる為に必要な場所にまず十分な『血』が送られ、その余りを爪や髪の毛が頂戴するというわけです。
つまり血液の不足を髪や爪や肌で表現しているんですね。

足がつる、乾燥肌、ドライアイ、ふらつきめまい、精神の不安定で困っている方いませんか?
同じように血の不足で起こるものが殆どですから『血を作る場所』を見直していきましょう。

鉄分不足では?と言われますが、同じ食事をしているご家族の方も同じような症状が起こっていればそうだと思います。
ただ実際にこの飽食時代に栄養不足は中々いません。
やはり血を作る場所の弱さが目立ってきている方が多いですね。
『血を増やすアンチエイジング』は特に女性は取り組んで頂きたいです。

体の弱さは人それぞれで、薬もその方に合わせてが基本ですが
この婦人宝もいいお薬です。

IMG_5534.jpg

一回量が少なくて、液体ですが凄く飲みやすい。

配合されている『阿膠』(あきょう)は妊娠出産の時のサポートとして優れた生薬。
安心して服用できることが一番ですね

中国では美容ブームでこの『阿膠』が入手困難になっています。
良質のコラーゲンといいましょうか。美容だけじゃなく体を丈夫にしてくれますね。

今ならお試しできますので、お声掛けくださいね。



posted by 福岡市 中央区 一丁目薬局 at 11:02| 症状 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする